青山大学柔道部 栄光の歴史

 

→ HOME

→柔栄光の歴史

→ 学年別歴史 

 

昭和2年 - 昭和19年

昭和20年 - 昭和29年

昭和30年 - 昭和39年

昭和40年 - 昭和49年

昭和50年 - 昭和59年

昭和60年 - 昭和63年

平成元年 - 平成 9年

平成10年 - 平成19年

平成20年 - 平成29年

 

 

 

 

学年別歴史



昭和30年卒業(1955年)

北村 隆宏

西田 尚道

関  忠

小林  隆

原先  泉

田中 圭介

貫山 幸男

渡辺 健治


昭和31年卒業(1956年)

矢野 美典

福井 金造

鍋田 洋

大高 喜久夫

松浦 孝彦

岡部  功


昭和32年卒業(1957年)

永井 普司

渡辺 多夫

田中  隆

北条 明雄

山本 宏巳

永井先輩には、築地のアルバイトでお世話になりました。夜勤の仕事でしたが、魚や花をトラックに積む仕事をしたのを憶えています。石油缶で鯖を焼いて食べましたが、腹が空いていたこともあり最高に美味しかった。あの鯖の干物をもう一度食べて見たいです。一夜働いて千円の時代でした。

昭和33年卒業(1958年)

市山  研

金山 仁志郎

渡辺 芳昭

米倉  正

宮永 恵夫

山口 一丞

市山先輩は、卒業後アメリカに留学し、数年して青山に戻り、英語の教授になられました。帰国後、すぐに柔道部の監督になられましたが、入学試験の前に綱島の合宿所で1週間ほど、勉強の特訓を受けた新入部員も多いと思います。 私も、先輩にお願いして米国の友人を紹介して頂き、アメリカに遊学することができました。その遊学が続き、現在もアメリカで生活しています。本当に有難うございました。

昭和34年卒業(1959年)

山崎 正夫

古川 和一

金子  寛

渡辺 隆光

高橋 義和

木戸 則之

矢野 三郎

生田目 和男

秋月 忠臣

黒澤  隆

上野  幹

原  大雄

伍井 景章

沢村 憲治

沼館  睦


昭和35年卒業(1960年)

清水 正憲

三浦 賢一

佐藤 東光

宮元  隆

村上 良夫

高橋  勝


昭和36年卒業(1961年)

清水 秀正

伊藤 栄一

島崎 彪

村尾 睦美

松本 輔人

庄司 英男

木村 栄一

桑田 勝


昭和37年卒業(1962年)

君島 臣孝

酒井 幹二

浜田 陽二

阿久津 和宏


昭和38年卒業(1963年)

中川 久男

小崎 泰弘

常坂 一正

野坂 安伸

原  弘道

宮沢 伸雄

清田 一雄

堤  智

川端 成幸

芦川 和友

中川先輩は、鬼の中川として恐れらていましたが、美味しいラーメンをご馳走になりました。後輩の指導にも熱心で、よく母校で後輩の面倒を見て頂きました。

昭和39年卒業(1964年)

本田 位一

原  正幸

渡辺 隆久

仲手川 章

山田 浩三

内山 晶雄

石田 芳志郎

佐藤 桂司

旧姓田中先輩の釣込腰は天下一品、我々もよくその釣込腰をくいました。

原先輩は、日本でも屈伸の軽量級の選手で活躍致しました。卒業後、ベルギーにわたり生活していますが、我々も多いに原先輩の海外での活躍に影響を受けました。その後、牧、渡辺、野口、名取、後藤、岡、新原が海外に出て柔道を教えて来ました。

Yahoo!ジオシティーズ